« 上一篇下一篇 »

腕時計が100メートル水を防ぐのはどんな意味です

水を防ぐ腕時計、文字通りで防水機能の腕時計がありを指します。水を防ぐ腕時計は普通な防水と専門の防水に分けます。普通の防水の腕時計は水がはね上がりを防止することしかできなくて、専門の防水の腕時計はようやく耐えて異なる深さの水中で液体に浸すことができます。それでは腕時計が100メートル水を防ぐのがどんな意味ですか?


    防水の等級の1:防水性は30メートル/100フィートあるいは、防水性に達して50メートル/165フィートに達して、着水する水滴と雨量を防止することしかできません。


    防水の等級の2:防水性は100メートル/330フィートあるいは、防水性に達して200メートルあるいは、660フィートに達して、そして着水する水滴と雨量がつけて潜水を行って泳ぐことができるのを防止することができます。


    防水の等級の3:防水性は300メートル/1000フィートに達して、つけて自由のダイビングあるいは水上運動を行うことができます。


    腕時計の防水性能に関して、米国規格と国際標准はすべて明確な規定があります:すべて防水の腕時計を明示して、最低で2つの大気圧に耐えられて、すぐ20メートルの水の深い所は水が入りません。30メートル水を防ぐのは腕時計が3つの大気圧に耐えられることができると表して、これによって類推できます。この標準の前提はテストを行う時実験室の条件下でです:温度は20―25℃で維持して、しかも腕時計と水はすべて静止する状態を呈します。このような状況で腕時計もしもで水を防ぐことができて、すぐ合格だです。