« 上一篇下一篇 »

梭のマンは表して最新の力作AirspeedInstrumentRT1920の航行する空リストを発表しました

1853年にのスイスの梭を創立してしなやかで表して、自制のチップの研究開発の能力が時計の壇に人気がある以外にを除いて、航空の器具の生産専門家です!1920年の頃に、スイス空軍に頼まれるため、梭のしなやかな時計は航空の領域に足りて航空用の器具を生産するのにまたがりを始めて、1936年、更に正式に航空計器の制造部門を創立して、航空の飛行器の船内の使ったメータを研究開発して製造するのに力を尽くします。航空計器の必要な技術と水準を製造して全てはるかに伝統のメータより高くて製造を知っていて、飛行中でいかなる間違いが発生するのを許すため、それ恐らく少しもの故障或いは誤差、でもすぐにひどい災難をもたらして、航空計器の梭のマンを製造して表す能力があって、その巧みで完璧な技術の自然なののは技術の実力と言うまでもないのです!その後梭のマンは表して一貫している優良な技術に頼っていて、迅速に航空の時計算する領域は1面自IWCスーパーコピー分に属する空を展開しだして、今なおすでに国際に人気がありになる航空計器メーカーの中の一つ。