« 上一篇下一篇 »

カシオの艾迪斐斯EDIFICEは若い実力派を解釈します

今多くの若い人はちょうど職場に入って、ひとつの腕時計を作りたくて、職場のスタートするオンラインで勝って、特に紳士はあるもの応対しなければならなくて、表すひとつの超薄があるのは風格が十分であるで、小さく編むのがその中ひとつので、カシオのこの艾迪斐斯の腕時計は1つの単独のシリーズではなくて、それただカシオの腕時計の下の1つの普通な型番、俗っぽいに重金属のシリーズと称させられて、この時計の特徴はデザインがとても優雅で上品なことにあります。

 

艾迪斐斯の腕時計は超薄のタイプに属すると言うそうで、しかし本当につけるのが手の行く話で実は少しも軽くなくて、これもどうして私の上がその重視する金属のシリーズの原因を語るで、艾迪斐斯は純金属の腕時計で、腕時計のバンドも金属ので、ほぼすべての時計からだの90パーセントはすべて金属の材質で、カシオの比較的珍しい金属がモデルを表したと言うことができて、時には恐らく他の人がカシオの重金属のシリーズを言いを耳にして、実は指すカシオの艾迪斐斯です。

 

カシオの艾迪斐斯がカシオのすべてのシリーズの中で属する中にハイエンドの腕時計の等級、大部分の表すからだの材質はすべて金属の材質ので、ステンレス製のが多数を占めるで、だから荷重量の思うとても強い友達がたいへんつけるのに適合するのが好きで、つけて手でとても落ち着いている感覚を感じるのに行って、大部分人はすべてとても軽い腕時計が好きですが、あのようなについてつけて手上に思ったいかなる荷重量がなくて、手の上でものの同じ感覚を持つと感じて、ダイコンのハクサイがそれぞれある程度好きだと言うことしかできません。