« 上一篇下一篇 »

三題の物語~腕時計の回転針のマッチ、兄弟子は腕時計をかきます

空が真っ青で、いくつかの白い雲が空に散っています。私は頭を仰いで、この空を見ていて、黙っています。「先生、つるさん、また食事に行くのを忘れましたか?食事をしない子供はいい子じゃないと言っていますか?道は毎日時間通りに食べますよ。」小道に手を入れて、「はい、これから食事に行きます。」小道を見て、私の腕を見ました。「えっと、道は知っています。兄弟子は腕時計がないので、時間が分かりません。船長のおじさんが言っています。時間は貴重です。ええ、そうです。後で兄弟子に腕時計をプレゼントします。そうすると、兄弟子はいつ食事をするか分かります。はははははははははははははははははは賢いです。道はとても賢いです。」先生と兄弟子に腕時計を送りに来ました。食事が終わると、小道の二つの手が後ろに隠れていて、こそこそと入ってきました。「兄弟子、兄弟子、目を閉じて、すぐに兄弟子に腕時計を持ってきますよ。」目を開けて、腕を見て、泣いたり笑ったりしています。腕には腕時計があります。でも、えっと、描いたのです。腕を見て、太陽の花のような文字盤を見ています。マッチの先のように時計の針があります。そして、クリップで刺したように作ったベルトがあります。