« 上一篇下一篇 »

アルマーニ腕時計の防水テストの3つのテスト

腕時計、特にダイバーズウォッチは三年ぐらいの時間を過ごすと、専門のアフターサービスセンターに行って防水テストを行います。このようにするのは主に腕時計の防水ゴムの輪が老化することを防止するのです。

凝縮試験:

腕時計は温度が40度からブランド時計コピー50度ぐらいの加熱板に置いて、腕時計自体の温度が加熱板の温度と同じになるまで待つ(普通は10分から20分加熱する)。そして、18度から25度ぐらいの温度の水滴で腕時計の表に一滴ずつ閉じます。約1分後に乾布で時計の鏡を拭きます。文字盤に霧がかかったら、腕時計が水に染みるという意味です。逆に腕時計の防水は大丈夫です。

耐水温変化性能テスト:

腕時計をまず10センチの深さと温度を40℃の水に入れます。5分後に20度の水の中に入れます。あと5分したら、再び40度の水の中に入れます。あと5分したら、文字盤と文字盤の内側が水温の変化によって浸水しているかどうかを観察します。