« 上一篇下一篇 »

ロレックスの一番いい年齢が好きです

四年前、ロレックスの入手文「あいさつの資格」を書きました。名前は上の世代の香港人から来ました。広東語では、同じ音をすくい上げるのに、売っても果物を食べない香港では、口の色だけを求めて食事を探しに来ても疲れが必要です。

初めてロレックスに接触したのは、初めての社員の社長のZ生と一緒に、尖沙咀の景福に行って、お店のベテランの運転手さんに新商品を作ってもらいました。当時の情報は今まで発達していませんでした。文章の配図のために、自分の時計をこじ開けて写真を撮るしかありませんでした。

Z生は伝説的な人物で、80年代にアメリカラスベガスの質屋でギャンブラーたちが担保にしていたロレックスに贈られた。一つの金は100ドルで、Z生の話によると、「溶かしたら金で売っても儲かる」ということです。彼はいくつかを選んで自分でつけて、更にいくつか選んで香港に帰って売ります。