« 上一篇下一篇 »

SEIKO精工孤高の末代武者腕時計の象徴

SEIKOがこの道で披露した技術力はもちろんのこと、ほとんどの部分が専門の時計として知られているスイスの時計工場には及ばないものです。この9 R 86の腕時計はまさにSD計画の最高成績です。ここでその必要を議論します。

SEIKOセイコー「Cal.

特に発展した9 R 86の特殊な製品に対して、独特なフェイスレイアウトを巧みに運用しています。

Spring Drive(以下、SDという)は近代時計史上最も特殊な発明である可能性があります。機械表と石英表の長所に合わせて、普通の機械表は摆輪の左右に振れて制御しますが、動力が次第に弱くなり、ねじのねじりが小さくなり、精度に影響します。振動周波数は部品の損失も発生しますが、SDは一方向に動く磁気車輪で従来の縦構造に取って代わられています。実質的な利点は主に石英表の精度を確保した上でバネの動力源を兼ね備えた強いねじり力です。ねじりが大きいと多針、複雑な構造の機能が駆動され、高次複雑な機能の開発に有利です。現金表

今では、SDについてはよく曖昧な資料を引用しています。SEIKOセイコーが開発した30年近くの技術です。実はこの概念は七、八〇年代の付き合いの時に提出されたものですが、九〇年代末に実際の製品化の間で、SDの計画は何度も棚上げされました。投入している研究開発時の数は5年ぐらいのはずです。SD計画が提出されたばかりの時代を振り返ってみると、そのころは石英技術の最高峰だった。モジュールをマイクロ化し、効率的に運用するのは石英技術の発展の中で絶えず精進する課題であり、これは今日に至るまで例外ではなく、八〇年代初めにSEIKO内部機芯の研究開発の重点も自然にここに集中していた。このような時空を背景にSDを考え出すという仕組みは意外ではないが、SDもSEIKO内部の多くの研究開発プロジェクトの一つであり、やがてSolarの太陽エネルギーとKineeticの人の電気エネルギーに注目が移り、SD計画も棚上げされた。