« 上一篇下一篇 »

どれぐらいの大きさの腕時計を買うべきですか?

腕時計も服のように、大きいサイズに分けられていますが、基本的にはそれぞれの腕の太さに合わせて選んでいます。服と同じです。腕時計も「タイト」か「ゆったり」を選ぶことができます。でも、これは完全に好き勝手ではありません。正装表、運動表、ファッション時計です。これらのタイプの違いは大きいのか小さいのかを選ぶべきです。今日の問題はどれぐらいの大きさの腕時計を買うべきですか?

正装表:スーツを買うように、似合うのを選びます。

前世紀の60、70年代はみんなスーツを一サイズ大きいサイズで買うことに慣れていましたが、今はぴったり合うのが一番基本的な選り取りの原則です。スーツの表は普通洋服と合わせて出てきますが、それだけの身につける原則は洋服と同じです。どうしても出入りが必要なら、正装表の原則をしっかり覚えてください。具体的に数字の上でそれは本当に個人の需要のを見て、総じて言えば表の直径は33-40ミリメートルの間でできるだけ制御する方がよいです。もちろん尺度も固定されていません。これはあなたの時計が大きいかそれとも小さいかによって決まります。