« 上一篇下一篇 »

ティソの5種類のバーゼル腕時計のオススメ

どんなに進歩した時代でも、「経典」は揺るがない価値と地位を持っています。159年の長い歴史を持つTISSOTティソの時計によって、経典とは何かを解釈します。しかし、ティソの時計にとっては、クラシックというのは骨董品の復刻式のような簡単なものではなく、現代の生活にあった実用性とファッション性の中で、最高のバランスと質を求めます。

控えめな豪華さは経典の価値を発見します--TISSOT Class icシリーズの紳士服の自動腕時計

高い質感の定番腕時計は、成功した男性にとって絶対的な重要性があることは否めません。特に、仕事仲間やビジネス相手に対しては、フォーマルなファッションや立ち居振る舞い以外にも、レベルアップの定番腕時計を身につけることで、自分に自信をつけることができます。「TISSOT Classシリーズ男装自動腕時計」は円形をコンセプトにしてケースをデザインします。また、少し厚みを増して装着時の堅実な手触りを強化します。一体になった厚い表耳もケースと完璧に融合しています。ケースと表耳の間に様々なアーチの接続、鏡面とヘアラインの研磨処理を通して、ケースとクリップの融合ができます。層感を演出し、ティソの表札「T」という字を刻んだ円形の表冠があり、全体の質感を豊かにします。純粋な黒のフェイスプレートにバラゴールドの棒型を組み合わせると、長剣形の時、分針があり、クラシックな雰囲気を醸し出します。12時の位置にある12時の標識は、XIIバラの金色のローマ文字を表示し、6時の位置より上の小さい秒針盤と遥かに向かい合っています。フェイスプレートの注目焦点のほか、画竜点睛の絶妙な効果もあります。