« 上一篇下一篇 »

梅の時計はどう巻きますか

梅の腕時計は国内で人気があります。中国に最初に進出したスイスの腕時計ブランドです。多くの古い友人が梅に深い愛情を持っています。梅の新しい腕時計が登場するにつれて、梅の時計の弦がよく分かりません。腕時計の家で教えましょう。

(1)表の頭の大きさと関係があります。頭が大きいほうが握りやすく、食べやすく、小さいほうが滑りやすいです。また、時計を見て、ケースの柄頭管との嵌合の緩み具合が、きついと上弦のスムーズさにも影響します。

(2)上弦のギアの伝動比と関係があり、異なる腕時計のムーブメントの上弦系のギア伝動はそれぞれ違っており、立輪、小鋼輪と大鋼輪の歯数を含むため、上弦速度が異なる。

(3)発条の仕事の回転数も違っています。腕時計の発条の回転数は通常6-10回転の間にあります。作業輪の数が多く、発条の回数も多くなります。

(4)上弦の力関係で、自分でゼンマイを巻く時はいつも力を入れて握ります。ある人は弦を巻く時は「秀気」と比較するかもしれませんが、時計は毎回回転する程度が違います。

大まかに言えば、普通普通の上弦は30回で、基本的に満杯です。(前提はあなたのいっぱいの上で)手に巻く腕時計は大丈夫です。あなたは回転できないまで、ぜんまいがいっぱいです。自動の腕時計にとっては、ほとんどの自動腕時計は手でバネを巻くことができます。特に最初の帯状または停止後に帯状する場合は、まず手でぜんまいを巻く必要があります。(最初のベルトは自動陀に頼って弦をいっぱいつけないようにお勧めします。)皆さんも知っています。自動腕時計は「上弦がいっぱいではない」ですから、自動腕時計の上弦の回数は少なくないほうがいいです。