« 上一篇下一篇 »

タングステン鋼の腕時計はどうやってメンテナンスしますか?

メタルバンドの腕時計は全鋼とタングステン鋼に分かれています。タングステン鋼は硬度が高く、耐摩耗性、強度と靭性が優れ、耐熱性、耐腐食性などの優れた性能を持っています。特に高硬度と耐摩耗性は500℃の温度でも基本的に変わらず、1000℃でも高い硬度があります。

タングステン鋼の腕時計はどうやってメンテナンスしますか?

1、腕時計を置くところは乾燥剤を置くのが一番いいですが、樟脳丸、防虫剤などの化学薬品を使わないでください。

2、原材料は変色しないので、酸化しないで、メンテナンスはとても簡単です。タングステンのベルトを手のひらに置いて、中性洗剤を加えて、水を少し加えて、手のひらで軽くこすって、水を流して、綿或いはティッシュで拭いたら、冷たい金属光沢を回復できます。

3、夏は球技などの運動前に腕時計を外すべきです。これらの高硬度の材質の曲げ強さと衝撃靭性はステンレスに及ばないです。そのため、できるだけ叩いたり、衝突したり、硬い地面に落下しないようにしてください。

現在品質のいいタングステンの腕時計ブランドはレーダータングステンの腕時計と天王タングステンの腕時計があります。天王タングステンの腕時計のデザインは比較的に少なくて、この2つのブランドのタングステン鋼の腕時計の品質は伯仲しないで、しかしレーダのタングステン鋼の腕時計のデザインはとても多くて、価格も天王タングステン鋼の腕時計の本当のところ、そのため更に多くの消費者はレーダーのタングステン鋼の腕時計に傾きます。