« 上一篇下一篇 »

依波路腕時計の透視腕時計の第一の守護神、時計の鏡

様々な形状、弧度の異なる特殊な時計鏡は、一般的に時計の鏡面に使われるガラスは、材質によって大体プラスチックガラス、鉱石ガラス、水晶ガラスの3種類に分けられます。各レンズにはそれぞれ長所と短所があります。時計の鏡は腕時計と同じで、服のようです。いい鏡面は外観の質感を際立たせるだけではなくて、時間を見やすくて、更に重要なのは保護の作用があるので、この薄い鏡面を見てはいけません。しかし、多くの学問が含まれています。プラスチックガラスとは圧縮力のことで、過去の表の多くはこの材質を使っていましたが、今でも多くの時計が使われています。傷がつきやすく、透明度がやや悪いのが欠点ですが、弾力性があり、割れにくく、安全ガラスとも言われています。プラスチックガラスは傷が付きやすいですが、傷が出たら、直接ガラスの上で磨きをかけて滑らかにします。レンズを交換しなくてもいいです。傷が深くない限り、価格も安いです。ガラスを交換するなら、新しい台湾元を5、500元ぐらいでいいです。

ガラスの中の不純物を取り除いて、透明度の良い製品にします。多くの時計はこの材質を採用しています。耐摩耗性、プラスチックガラスよりも傷が付きにくいのが特徴ですが、硬さはプラスチックガラスよりも多く(約モル硬度5度)高いので、比較的割れやすいです。価格は500元から2000元ぐらいで、ガラスの厚さによって違います。

水晶ガラスとは、いわゆるサファイア水晶のことです。プラスチックガラスと鉱石ガラスの長所を合わせた合成素材です。密度が高く、硬度がダイヤモンドに次ぐものです。傷がないです。衝撃を受けてもガラスにひびが入るだけで、割れたり落ちたりしません。しかし、輸入のために、価格は前の2つよりずっと高いです。普通は1000元から5、6000元ぐらいです。カーブミラーなら、価格はもっと高いです。