« 上一篇下一篇 »

ハミルトン腕時計のメンテナンスの注意事項

ハミルトンのブランドはアメリカから来ました。世界で一番大きい腕時計グループのスウィッチグループのメンバーです。米軍の軍表生産で有名だった。国内ではハミルトンの腕時計を身につけている人が多いです。ハミルトンの腕時計はベルトが多いので、メンテナンスが大変です。ハミルトンの腕時計のメンテナンスに関する注意事項を紹介します。

腕時計の使用

お風呂に腕時計、バンドの長さが悪い、使用環境が悪い、腕時計が汚れているなど、腕時計が壊れやすく、寿命が短くなります。

腕時計の撥水性

腕時計もお湯を使ったり、サウナをしたり、温度の変化が激しい環境で使うべきではないです。防水テープが温度の影響を受けると、熱膨張して凝縮し、隙間ができて、老化が加速されて、水と表の中に凝縮物が現れます。重大なものは機械を破損させます。

腕時計の水抜きの秘話

時計のケースに水が入ってしまいました。シリコンゴムという粒状の物質が、水を溜めた腕時計と一緒に密閉された容器に入れられます。数時間後に腕時計を取り出します。水溜りは全部消えます。この方法は簡単経済で、表の精度と寿命に対しては何の損害もありません。

メンテナンス方法

むやみに表の後蓋を開けないでください。ほこりが芯に入って時計の正常な仕事に影響しないように、腕時計を樟脳丸があるたんすの中に置かないでください。油が変質しないように。時計をラジオやテレビに置かないでください。磁化しないようにしてください。

長い間使わない腕時計を保管して、毎月定期的にねじを巻くべきで、部品を長期にわたり静止状態に置かないようにして、表機の運行性能を保証します。