« 上一篇下一篇 »

世界が広いので、10万ぐらいの世界時計を三種類見に行きたいです。オススメは腕時計です

1884年にグリニッジの地方時間が世界時間の定義の中での模範となる地位を確立してから、世界の時にこの概念は次第に普及して、同時に世界がある時の腕時計を配備しても現れます。世界でこの複雑な機能は今のグローバル化の時代で、実用性が高く、各ブランドも続々と活躍しています。様々なデザインと全体のスタイルはそれぞれ長所があります。もちろん価格もそれぞれ違います。


積家は昨年、新たな北宸シリーズのモデルを発表しました。この北宸シリーズ地理学者の世界時腕時計もその中の一つで、250枚を限定発行しています。積家の北宸シリーズのモデルは1968年のMemovoxから生まれたもので、これも例外ではない。直径42ミリ、精鋼の材質で作られ、盤面は北宸シリーズの二色――黒と青を基調とし、盤面外縁は24時間区の代表的な都市を設け、第二時間帯は6時の副盤に表示され、十時位置の表冠によって設定されている。日付表示と動力保存は対称的に2時と10時の位置に分布しています。また実用的な機能を追加します。