« 上一篇下一篇 »

三人の男が時計に出会った時

深セン時計展に招かれたのは今回が3回目です。

深セン時計展は国内最大規模の時計展で、誰にでも公開されています。腕時計が好きで、一日か二日間の時間を割いたら、深圳時計展の魅力を直接感じられます。

もっと正確に言えば、今回は深圳時間文化週間に参加しました。この名前から、文化の重みが深く感じられます。

もちろん、腕時計はいつものようにたくさん見ました。たくさん撮りました。興味のある友達は腕時計の世界のトップラインでゆっくりと鑑賞できます。今回は主に皆さんとお話したいのですが、深圳時間文化週間に参加した一番文化的なイベントです。このようなほとんどが新しい時計や部品を展示しているところに、文化についての話をする場所ができて、本当にありがたいです。

タイムブックの司会者は有名な時計文化学者、時計堂主、GPHGジュネーヴ時計大賞審査委員の常偉さんです。

常先生を知っているのは何年も前です。その時はもう「国際精表」の雑誌を離れて、旅行のビデオを撮っている会社でご飯を混ぜて食べました。つまり、私の本業はもう時計と関係がないです。もちろん、自分はまだ時計が好きなので、時計の仕事はしていませんが、ずっとこの業界に関心を持っています。このようにして常先生と知り合いました。