« 上一篇下一篇 »

北京時計コレクションの大腕――張進

この古い言葉は張さんにはあまり適用されていません。張進さんは官家の子弟でもないし、金持ちでもない後、張進さんは北京で一番有名な腕時計のコレクターと行内公認の時計「掌眼」の大腕です。

「腕時計は時計の道具で、実用的な価値を持っています。腕時計は観賞できる工芸品です。収蔵価値があります。腕時計は大学の質問です。」

「父は機械技師で、同僚の腕時計を家に持ち帰って修理しているのをよく見ました。それから父は年を取って、目つきが悪くなりました。彼の助手になりました。」張進さんは十六七歳の時のことを思い出しました。

張進さんは収集家と違って、商人と違って、服が派手でなく、容貌も驚くべきものではないです。兵役経験者の張進さんは最終的に仕事をやめて専門の腕時計を遊んでいました。」

25行目に入ってトーチのように明るい。

この業界に入ったばかりの頃は経済的に余裕がなかったが、気に入った腕時計は彼が所有していて、友達や親戚からお金を借りてまで手に入れたいと思っています。ある時、張進さんは珠市の口に住む老人がロレックスの腕時計を売り出すと聞いて、急いで商品を見に来ました。これは手糸全鋼のロレックスの腕時計で、領収書の日付は一九五九年で、七百人民元です。老人は急いでこの時計を売りに行きましたが、安く売りません。新しい時計を買ってきたら持ってきたことがありませんでしたが、当時の工場労働者の月給は三十元しかありませんでした。あの腕時計が本当に気に入りました。どうすればいいですか?お金を借りてでも買いたいですが、時計を買うために苦しい生活を送ることがあります。」