« 上一篇下一篇 »

バラの時間—CREDOR年越し巡回展覧会

精致で繊細な日本の工芸美学


2006年はもう終わりに近づいています。新しい年がもうすぐ来ます。この年末の引継ぎの時に、CREDORは特別に出します。


「美しい時―年をまたいで巡回展覧会」は、日本の「現代名匠」の封号を持つ工芸家によって展示されます。


手を携えて作り上げた純粋な東洋風の芸術級の限定モデルは、控えめで豪華な高級なタブアートと深いデザインを見せています。


计感の「247」シリーズ表モデル。今回の巡回展覧会は2006年12月21日から台北金生に先駆けて開催された。


時計の忠孝店が展示されていますが、展示会で最も注目されているのは台湾の割当額が5つしかないバラの金が極めて薄いことです。


雕金表は、昨年、日本政府から国家栄誉勲章「黄綬褒章」を授与された2人の组立巨匠だけではない。


桜田守は、0.188センチの極薄ムーブメントを組み立てて製作した功力と、彫刻師の照井清さんの監修をしています。


で、共同で展示した表は絶えることができて、更に完璧に「控えめで豪華」な現代芸術の味を現します。また、彫金大


師はまだ薄薄さの手で芯を精錬して、巧みな手芸と完璧な技術で竹の葉、梅と魚の卵を彫刻しました。


模様は竹をコンセプトにして作った透かし模様で、正面と裏の両面から日本の職人がよく鑑賞できます。