« 上一篇下一篇 »

解析腕時計:大三針、小三針と標準針

腕時計を美化して、それぞれの時計に魅力を持たせる方法が多いです。例えば、ダイヤモンド、エナメルの絵、全く新しい材質を導入して、他のものとは違ったベルトなどですが、一番直接的なのは針からです。時間を読み取るためには必ずそれらに焦点を合わせます。時計が発展するにつれて、進歩したのはムーブメントの構造だけではなく、設計者たちはもっと多くの「時間を見せる」方式を提供しています。

大きい三針:

時、分、秒針が存在し、一つの円を共有するのが大三針です。また、大三針の腕時計というのは、通常は時間指示機能だけを備えた基本的な時計のことで、カレンダーを表示することが多いです。

大三針は最も普通のように見えます。色を使わず、目盛りさえしなくても、より効率的に時間情報を伝えることができます。大三針は効率的で効果的で古典的な図形情報記号です。

小三針:

小さい3針は時、分針が1つの円を共有するので、その他に小さい秒の針に独立した小さい円盤を創立して、単独で秒針の運行を表示します。つまり元の二針の時計は基本的に小さい窓を開けて秒針に使わせます。三針は短くて三針、二針半とも言います。

小三針はレトロなので、「風采感」があります。文字盤の大きさがやや複雑です。時計の発展の歴史から見て、腕時計は懐中時計から進化してきたので、腕時計のデザインに秒針は四輪に取り付けられています。だから最初に出現した秒針は4輪の位置で、中軸ではなく、これは小三針です。それから技術が進歩して、大きい3針がありました。