« 上一篇下一篇 »

サファイアの魔力宇舶表2018制表教室

2018年12月5日、宇舶表研究開発部総監のマティア・ブット氏が北京に来て、中央美術学院美術館で2018 HUSTTの舶来表製表教室を展開し、マティアス・ブット氏は、サファイアカット技術、カラーブルーのサファイアの研究開発と、サファイアの象眼技術における非凡な革新成果を紹介した。メディアの友人たちは、現場の体験を通じて、宇舶表の超卓上工芸と澄清現代の機械美学を味わった。

硬くて磨かれて完全に通されているサファイアは、ビルの硬度は2000に達し、硬さの高い材質の一つで、加工製造には極めて困難である。中国の舶来表のブランドの発展の過程の中でずっと限界に挑戦して、革新を堅持します。魔力金と陶磁器の材質処理によって磨きをかけることにより、宇舶表には、硬い素材を製造し量産する技術力がある。サファイアに直面して、宇舶表は再び制表史を書き換えます!2016年から、うちの舶来表は、材質の革新と超非凡の美学観念を一体にして、工業化のプロセスを通じて、絶えずブルーの宝石の新しい表の金を出して、サファイアカットと着色工芸の面で1項の“不可能”を突破して、製表業量のブルーの宝石の表面の先鋒ブランドになって、そして表の史を書き換えた青のサファイア時計を研究しています。

“革新は無数の挑戦を克服することを意味します。”新しい分野を開拓するたびに冒険をしているが、私たちは退くことなく、限界と困難を自分を超えた良機を超えた。