« 上一篇下一篇 »

夜の光の発光原理は何ですか?

夜の光は、夜や暗い所で時間が見えます。夜光粉は粉末状の硫化亜鉛を基質とし、それ自体が発光しないのは、ただのリンの光の特性で、つまり日光や光が照射されて刺激を得て、一定時間の光を続けているが、時間が短い。

夜の光の発光原理は何ですか?

夜光表の発光原理

以前は、夜光粉は粉末状の硫化亜鉛を基質としていたが、それ自体が発光しないのは、ただのリンの光の特性であり、光や光が照射されて刺激を得て、一定時間の光を続けているが、時間が短い。硫化亜鉛を連発させるためには、定量的な放射性元素を混ぜなければならない。過去には放射性元素のラジウムが使われていたが、今は多くのことが多い。放射性元素の量の大きさによって、夜の光の明るさも異なる。放射性元素は発光材料の発光を引き起こすだけでなく、発光材料の構造を破壊して、発光材料の性能を弱めて消えていくので、夜の光は一定時間はあまり明るくない。この層の放射性物質は非常に薄く、長時間着用しても人体にダメージを与え、その後、放射性ラジウムの代わりに新しい発光コーティングをしていた。

夜光コーティング:新しい世代の発光原料は、針と表板に塗り、昼間は日光に照らされ、電子が高能級に躍進してエネルギーを吸収する。夜電子は高能級から低エネルギーに躍進し、光を放つ、放射線がない。これでは、光が足りないところで針を区別することで時間を読むことができる。初期にラジウム塩を使って発光コーティングをしていたが、ラジウム塩の放射性によって危険が生じている。最近では、酸化しても放射性の危険がない超夜光コーティングをしています。