« 上一篇下一篇 »

どのように電子時計にケアをしますか

電子時計はデザインが多様で、人々に愛されている。現在最も人気のある電子時計には、石英電子表、全自動電子時計、デジタル電子表などがあります。電子時計の普及は、電子時計を着用する人が増えているが、同じように腕時計として、電子時計も保養を行う必要がある。では、どうやって電子時計のメンテナンスをしますか。

電子時計のメンテナンス方法

(1)腕時計をつける時、手の汗は表殻に対して腐食性があって、よく柔らかい布で汗を拭いてあるいはビニールの時計を敷いて頼んで、それが汗で侵食されないようにします。

(2)表の後ろカバーを勝手に開いてはいけません。ほこりが機軸に入って時計の正常な仕事に影響しないようにしましょう。

(3)オクシタンのタンスの中に腕時計を置いてはいけない。

(4)音やテレビに時計を入れないで、磁化しないようにしてください。

(5)長期間保管していない腕時計は、毎月定期的に1回発布して、オートコアの時計は軽く何分か、あるいは手首の時間にかけて自動的に発布させる。部品を長期的に静止状態にしないように、時計機の運転性能を保証する。

(6)普通の機械の時計が湿っているので、腕時計に綿をつけて、40ワットの電球を使って5分焼くと、表裏の湿気が蒸発することができる。石英電子時計が湿っている場合は、いくつかの小さい塊の塩化カルシウム、ガーゼで包んで、それから電子時計の蓋を開けて、包装した塩化カルシウムと電子時計を一緒に入れないビニール袋やガラス瓶の中に入れて、密封します。一般的に3時間程度で潮を除いて、電子時計を正常に回復させることができます。湿気の強い時計には、湿気を延長することができます。

(7)腕時計は外の包装を取り外した場合には、防護腕時計を保存したパッケージを保存しなければならない。これらの腕時計のパッケージは、通常の着用時に腕時計に最も安全な保護を与えることができ、時計が壊れたり衝突されたりすることを避けるため、パッケージを保留することは絶対に必要である。

(8)普通は毎日同じ腕時計を着用しないほうがいいですが、いくつかの異なる時計を交互に使って使います。個人的な造形を豊かにするほか、ほこりや体垢の全集の中に同じ時計の上にあります。

(9)腕時計を手首にかぶって寝てはいけません。時計が夜の時計であれば、体に不利な影響を与えることがあります。これは、夜光表の針やダイヤルに塗られた発光材料で、主にラジウムと硫化亜鉛の混合物で、ラジウム放出の放射線が硫化亜鉛晶体を発光させ、体を損なうことができるからです。

(10)表は新しい。時計に多くの道紋が出された後、時計の上に1つの水を垂らすことができて、さらに少しずつ歯磨きをして塗ります。