« 上一篇下一篇 »

歴史の禁固に挑戦して簡単で艾美のバラの金SECONDE方の歯車の腕時計を評論します

時計は我が国が北宋時代に発明したので、今すでに約1000年の歴史があったまで、この歴史の長い流れ(川)の中で時計の発展は発展するのが迅速だと言うことができて、様式をすればするほど小さくなってその上もだんだん多くなるだけではなくて、幸運だのもいっそうのが精密で正確であるで、毎回のが絶えずあげて謎達のを表しを革新するのが無限な歓楽です。

みんなはすべて約1000年の時計の史中ですべての時計のチップの使ったのが円形であることを知っていて、原理はみんなはすべて知っているなぜかというと円形の歯車が有効なのが機械動力のを高めて伝動してと機械的な安定性などの多い原因を維持することができるので、しかし2010年の時勇敢に創造精神の艾美の腕時計があって全く新しい製品RoueCarrトeSECONDEを発表して、この腕時計はその採用の四角形の歯車の設計で大胆に見得を切て、しかしこの腕時計は一体どうですか?2年隔てている後に私は今日みんなを連れていっしょにこの非常に不思議な四角形の歯車のヨモギの美しい腕時計を鑑賞します。