« 上一篇下一篇 »

編集とパリの骨董のビエンナーレをぶらぶらして伯爵の最新の製品を見ます

私達の国内の大多数の同級生にとって“ビエンナーレ”それとも1つの比較的よく知らない展会。この展会は主に現代最も高いレベルの視覚芸術の展会のイベントを展示するのに用いて、主に展覧して世界のそれぞれの国家の芸術の成し遂げる重要な展会を展示して、その重要性はスポーツ界のオリンピックに相当して、あるいは映画界のオスカー、しかしこれらの国際芸術展が違う所がありと、すべてのビエンナーレがでも賞を設立したのではありません。

現在のところの第26期のパリの骨董のビエンナーレ(2012.9.14―2012.9.23)はすでにパリで大きい皇宮(GrandPalais)は開幕して、今回の展示業者は合計で150の数、いくつか国際トップクラスの真珠や宝石のブランドの骨董商が15類が現れのをと違う臻の品物があります。ちょうど良い私は現地に同級生がいて、そこで私が面の皮を厚くして同級生をみんなにいくつかたたいて現場から報道して帰りに行かせて、だから1人の女性の同級生が真珠や宝石に対して比較的好きなのため、だから今回の伯爵の真珠や宝石と腕時計をいくつか画像、もしもどなたかがより多く展会の報道に関して私達のフォーラムに歓迎していって書き込みがあります。