« 上一篇下一篇 »

歩道の戸の枠は掛け時計は_振り子時計がどこの学問を掛けることができますか

多くの表す友達の家がでも1つの掛け時計がありを信じて、このような1つの掛け時計が家に置いて私達がいつでも時に対してことができるのに便宜を図ることができます。掛け時計のレイアウトする位置もとても重要で、すぐ便利さが時間を見ることができて、また美観に影響することはできなくて、すべて風水を信奉して学ぶ多くの表す友達がもあって、このような話、振り子時計の位置は家の風水の構造と突き進みたくまだなければならないことができなくて、もしもレイアウトする位置がよくなくて、1つの小さい掛け時計も元からある風水の構造を破壊するのが、だから振り子時計のは掛けてどこにあって、この中でとても深いひとつの学問を埋蔵しているです!

掛け時計は掛けて歩道の戸の枠でよろしいですか?

たくさんなのが人為的になって時間まで見たのに便宜を図ることができて、家の掛け時計は直接掛けて歩道あるいは戸の枠の上にありました。誰が分からないで、もしもこのようにして、風水学の中の1つの大きい禁忌を犯したので、これらの位置で掛けるため、人は扉に入ってと掛け時計を見て、中国にあって、扉に入って時計と“結局は会う”の近似音に会って、人に非常の感覚をあげて、この結び目は風水を信奉するに言う人を学んで、更に良くありません。


もしも掛け時計を要して、最も良いはのベランダの方向に向かうので、中べきでありませんに向って、風水が学ぶ中に室内の息の運行に利益があるのです。里が家を切り盛りする中に家を切り盛りする人がいないの時、室内の息は静止的に動かないで、1つの掛け時計を掛けて、掛け時計のポインターのが行き来するのに従って、持って怒ることができて、息に運行し始めさせて、室内にいくつか活力を持ってくることができます。