« 上一篇下一篇 »

パマキニKalelの新しいシリーズ発表会

2018年ろく月じゅうよん日、高級時計ブランドスイス帕玛ジョニー(Parmigiani Fleurier)は上海で行われる「は芯、示は形」の新シリーズKALPA発表会は、2018年展からジュネーヴ国際時計ショーで厳かに出したの新しいKALPAメンズ腕時計以外に、もっと傾情発表1項の意匠の作KALPA QUALIT E FLEURIER腕時計。KALPAシリーズはブランドの創始者、時計師や修復大師ミシェル・帕玛ジョニー(Michel Parmigiani)は貴重な意味の腕時計の作品を、彼は遠くからはるばる中国、浮光跃金のエレガント空間として、大衆の時計コレクターや賓客達が分かち合うその創作樽型腕時計の初め心に遡って、KALPAの源、腕時計の背後に覗いて調和の美。独立垂直化生産の高級時計メーカー、帕玛ジョニータブセンターは弗勒里耶の建設を推進したスイス伝統タブ業の持続可能な発展、伝統芸匠伝承や時計文化発揚光大重要の力を捧げる。


ミシェル・帕玛ジョニーデザインも腕時計もしっかりと守って簡単に、必ず信念:自然を求めて調和の美。人間工学には彼の作品の中で唯一のデザインが注目点で、大自然の与える神聖割合――黄金分割割合は彼をつらぬいてデザインの趣旨。ブランド初立の時、ミシェル・帕玛ジョニーで深い深い専門知識や優れた伝統タブ芸、成功を初の樽型機械ムーブメントPF110。凡ての調和、統一の美学」をコンセプトに、絶えず実踐研究と装着試験後、1項の“形で形」のKALPA腕時計はついに2001年と登場。それ以来、帕玛ジョニー古きを去って新しきに就くた様々なカウントダウン機能はそれぞれ異なって、一貫してスタイルの樽型腕時計。どんどん進化と強大になって、帕玛ジョニーKALPAシリーズとなってブランドを象徴の特色の腕時計シリーズの一つ、深く心に独り歩きして生活の成功者に愛されて。