« 上一篇下一篇 »

回路計はとても簡単に課程―回路計を使ってどう使う

1.測量して先にさえぎりを見て、見ないで測量でない


毎回テスターを取って測量するのを準備する時、またぜひ分類と計器の測量できる範囲のオプションスイッチを測量して位置に対して動かすかどうかを少し照合しなければなりません。安全のため、必ずこのような習慣を身につけなければなりません。


2.動かさないでさえぎりを測量して、測り終わってニュートラル・ギアを動かします


測量の中で思うままに弾いてつまみを選ぶことはできなくて、特に高圧(例えば220V)あるいは大きい電流(例えば0.5A)を測る時、アークが発生しないようにして、燃やして駄目になって開閉接点を変えます。測量は終わって、計器の測量できる範囲のオプションスイッチを“・”の位置に割り当てられるべきです。


3.時計の文字盤はレベルに応じて、目盛りは真っ正面から向かいます


回路計を使ってレベルに応じて回転して、目盛り時に視線は針に面しているべきです。


4.計器の測量できる範囲が適切で、針はどうしても大半を過ぎます


計器の測量できる範囲を選んで、もし事前に大きさを測量させられるのを予想することができなくて、できるだけわりに大きい計器の測量できる範囲を選ぶべきで、それからふれの角の大きさによって、だんだんより小さい計器の測量できる範囲を換わって、いっぱいな目盛りの2/3あちこちまで針偏向に至ります。