« 上一篇下一篇 »

黒い漆の彩色上絵の楼閣の群の仙人の誕生祝いをする時計

この時計の造型は木胎黒漆彩色上絵2層の楼閣です。一層の中央は2の針の時計で、書くのは“乾隆の年制”の時計皿の上でして特有な黄色のエナメルにつきあいをつくりに扮するあります。時計皿の上の5つの上弦の孔はそれぞれ5種類の機能を制御します:新聞を幸運で、時間を知らせて、閉店して、打って笑いを刻んで、開きます。時計皿の程度の両側は変動の背景箱で、左側の景箱のパフォーマンスのテーマは“海の家が増やして計画する”で、右側の景箱のパフォーマンスのテーマは“群の仙人が誕生祝いをする”です。2層は3つの家屋で、内それぞれ時間を知らせるのとが人あります。いつも3、6、9、12の時、玄関は開いて、3人手は時計の杯をとってゆっくりと外出して、立ち止まった後に、左側の人は時計の杯をたたいて“刺す”の音を出して、右側の人は時計の杯をたたいて“”の音を出して、“チリンチリン”の音は一回15分間を申し込んで、2度が2が刻みを申し込みに鳴って、順次類推して、4申し込み終わって刻んだ後に、中間の人は時計の杯をたたいて時間を知らせます。いつも終わりを申し込んで、楽曲は起きて、景箱の内のイベント装置は運営を始めます。左景箱の内で重い山々が障害を畳んで間傲慢で立つツルがあって、めでたい雲の仙人を支えていてゆっくりと立ち上って、雲海の中で1基の瓊のビルは突然浮かび始めます。右景箱の内で棒の寿老人を支えて順次八仙の献上する宝物を受けています。ただ笑って、時間人が里帰りする内に退きを申し込んで、ビルの扉は閉めて、景箱の内で各イベント装置はリセットします。neeu

この時計は7セットの機械系を全部で、それぞれ制御して景箱の内のイベント装置などを幸運で、時間を知らせて、、とても高い技術の水準があります。乾隆年間、所をして時計所をしていくつかの専門の知識がある西洋の時計の職人と機械的な師を集めたのをつくって、この時計はすぐ彼らのレベルを体現していることができます。仕事のランクにつきあってこの時計の製作時間と過程を記録したのをするのをつくって、乾隆8年から12月に主旨をつないで14年まで正月を設計するのに着手して竣工して、5年余り続きます。