« 上一篇下一篇 »

ハンカチの瑪の強い尼KALPA全く新しいシリーズの発表会

2018年6月14日、スイスの高級の表を作成するブランドのハンカチの瑪の強い尼(ParmigianiFleurier)は上海で“を開催して芯に始って、形で”KALPA全く新しいシリーズの発表会を示して、2018年にジュネーブ国際時計を展示して厳かに出す全く新しいKALPA紳士の腕時計を展覧する以外、更に感情を傾けて1モデルの創意のを発表してKALPAQUALITトFLEURIER腕時計を行います。KALPAシリーズはブランドの創始者は、表を作成する大家がおよび、大家のミッシェル・ハンカチの瑪の強い尼(MichelParmigiani)を修復して貴重な意味の腕時計の作品があるので、彼は遠路はるばる遠路の中国をいとわないで、浮ついている光で金のさっぱりしていて上品な空間に跳ねて、1人の大衆の名を慕ってくる時計の収集家と客達とその作品の酒の桶型の腕時計の初めの心を分かち合って、KALPAの源を回顧して、腕時計の陰で調和がとれている米をうかがい探ります。独立として垂直に溶けて生産する高級の表を作成する商、ハンカチ瑪強尼制表センターは弗勒里耶のが創立するに、スイスの伝統の表を作成する業の持続可能な発展を推進して、伝統の職人の芸のためにと時計の文化が盛大にして全局面を左右する力を捧げるのを発揚するのを伝承します。

ミッシェル・ハンカチの瑪の強い尼はいかなる腕時計を設計してすべて1つの簡単で、確かな信念をしっかりと守っています:自然で調和がとれている米を求めます。エルゴノミクスは彼が創作する中に唯一の設計の注目するところで、大自然の与える神聖な割合――黄金分割の割合は彼の謹んで守った設計の目的です。ブランドが初めて立つ時、ミッシェル・ハンカチの瑪の強い尼は深くて博学な専門の知識と巧みで完璧な伝統の表を作成する技巧に頼って、みごとに第一モデルの酒の桶型の機械的なチップPF110を製造します。調和がとれているの、統一する美学の理念を維持して、絶えず実践の研究がと試験をつけていた後に、1モデルの“形の中で目に見える”のKALPA腕時計はついに2001年に空を横切って発表されます。この時から、ハンカチの瑪の強い尼が古きを退けて新しきを出したのが何モデルもの時間単位の計算機能それぞれ異なっていて、風格の始終変わらない酒の桶型の腕時計。絶えず進展変化して強大になりに従って、ハンカチの瑪の強い尼KALPAシリーズが次第にブランドになって特色の腕時計のシリーズの中の一つを表しがあって、深く独立独歩してそして内心に従って生活する成功する人が好きにたかったです。