« 上一篇下一篇 »

汗をかく鋼のバンドは色が落ちますか?

今年の夏はすぐに来るので、時計友たちは汗をかくときの持ち物の変質が気になるのかもしれません。知的な、バイドウ掲示板上も見ない表友会、腕時計が悩んで汗をかく。しかし、小編は、時計が本物であれば、鋼のバンドであれば、色が落ちることはないという肯定的な話である。さらに夏には腕時計をつけていると、確かに鋼のバンドが皮から持っていくのがいいと思います。汗が出にくく、雨が腐食していて、さっぱりしています。

親愛なる表友たちは、時計の価格、最新活動の優待、修理の方面の情報を得たいならば、友達により多くの情報を聞くことができます。w 1801175560←長めにコピーします。

1、革の腕時計帯とプラスチック製の腕時計帯に比べて、鉄手のバンドは夏に着用するのに適していて、ペベルトのために涼しさをもたらすことができる。

2、腕時計ベルトも強光と火焼きを恐れない。

3、鉄手のバンドのバンドの形はそれぞれ異なっていて、最も経典的なのは各種のリング型のボタン型の表帯です。このような特徴は鋼鉄のあまりにも硬い欠点を補った

4、夏には鋼のバンドをつけると視覚よりも皮のほうがいい

現在の金属の表帯はほとんどステンレスの材質を採用して、部分はpvdイオンのめっきの工芸を使っています。使用を誤ると、ステンレスの光沢が下がり、色が暗くなります。イオンメッキバンドも変色して色が落ちます。1時間使用してステンレスベルトに放光処理を行う必要があり、使用寿命の延長にも役立ちます。特に、ちょっと説明しなければならないのは、ステンレスのベルトでも同じように水を恐れていても、うっかり水をつけてしまうと、最短時間できれいに拭かなければなりません。

練り込みは硬く、保養しやすい、簡単だが乱暴でないというのが鉄手帯である。