« 上一篇下一篇 »

機械表の良し悪しはどうしたらいいか

機械表は通常、手動機械表と自動機械表の2種類に分けられます。この2つの機械の動力源はすべて機軸の内の発条を動力にして、歯車を動かしてさらに針を動かすことを動かして、ただ動力の出所の方式は異なっています。機械表はコアと外観の部品からなっています。機軸は、伝動系、原動系、上条ダイヤル系、縦横調速系、針系、機軸の部品は、板挟みでネジでそれらを組み合わせています。外観部品は、表殻、表盤、針、バンドなどの部品から構成されます。

1、機械表の外観。目は殻、面、針、「砂の目」、傷、めっきがあり、色差がなく、後ろカバーの回転所は厳密になるべきである。

2、機械表の起動性能。シャフトをゆっくり回転させ、秒針を観察すると、秒針を起動させる上条回転回数が少なくなります。

3、機械表の上に。上の時は手が楽で、雑音はありません。自動表の上に足を踏み入れた後、滑りやすい現象があります。

4、機械表が針を回す。針を回す時に手が心地良くなる。時の針は調整しなければならない(当時の針はそれぞれ3、6、9、12文字に合わせる時、針は12文字±4分の格からずれてはならない)、時、分、秒の3針は互いに触ることができない。

5、機械表の表音。時計の上に足を踏み切ると、耳で表音を聞くと、はっきりしない音がとれ、方向変化によって変化します。

6、機械表が歩く時の精度。専用の計器を必要として、いくつかの大型の国営商店は顧客のために業務を測定します。