« 上一篇下一篇 »

世界の名表の殿堂に通じるジュネーヴの鍵

ジュネーヴは歴史の長いヨーロッパの都市で、西暦121年に成形され、最も早いのは、ローマ帝国のケルテルの「蛮族」の軍事前哨に抵抗しています。中世時代は神聖ローマ帝国とフランス王国の辺境都市で、一定の自治権を有していた。16世紀の宗教改革が始まった時に、ジョン?ガルビンはジュネーヴの宗教指導者となり、ジュネーヴも新教の聖地となり、ジュネーヴ市や周辺村が実際の独立王国となった。時計業は、1600年ごろから出端し、ジュネーヴで最も有名なマーク性手工業となっている。約2百年の独立を経て、ナポレオン陛下の時期になったジュネーヴは、その「ヨーロッパ」皇帝に征服されかねない。1815年まで、ナポレオンは連合軍に敗れた後に正式にスイス連邦に参加して1つの州になった。1815年にジュネーヴの州の紋章と旗が正式に確定して、左側は神聖ローマ帝国の雄タカを代表して、右側はキリスト教の先賢の聖ピーターの“天国の鍵”を象徴します。

この図案は完璧にジュネーヴの出所を解釈して、寓意俗世の王国と宗教の精神の結合はずっと今まで使われてきた。その完全なバッジの図案はまた盾の図案の頂上の1つの太陽の王冠を含んで、そして両側のジュネーヴの都市の箴言「Pot TenBres Lux」(ラテン:暗黒の後に、すなわち光である)。下図は19世紀半ばに鋳造された銅のジュネーヴバッジである。