« 上一篇下一篇 »

人生第一の「万表」を選ぶ

Davidは7年仕事をして、贅沢をして、ためらうことなく、自分を励ましてくれた。今度は自分の心の中で本当の喜びがあるはずだと、彼は言った。


人間らしいもの。記者は取材によって、多くの職場のエリートが人生第一のハイエンド時計に対して「厚望」を寄せていることを発見し、一体どんな条件を備えていても自分を愛しているのか。


目の前を明るくしてくれる?Davidの購入表の経験をご覧になってください。


ブランドの期待:実質なブランドの経典


「総合的に提案して、多くの人に受け入れられたブランドは、基本的に低調のブランドよりも実用的で、贅沢な投入としては、第一表が低調で、日常に触れることができるとは思わない」


ブランドが一番いいです。Davidは彼の第1の表が公衆性を持っていることを望んで、そしてブランドの口コミは十分に良いです。「私が好き钢质バンドの機械表項、比較的丈夫。でも、ベルトを入れ替えることができます。


革の表帯は2つのテーブルとして使うことができます。帯カレンダーやデュアルタイムゾーンの機能が比較的に適用し、防水性がもっと私この大陸の人。自分の期待値と予算値を結びつけて、私は主に


ロンジン、Movado、レーダー、美度、カルティエなどいくつかの定番ブランドの間をする。」