« 上一篇下一篇 »

学問の時計は難し

時計の学問は難しさに思考錯乱、時には、それは面白いところ。時計ならではない株式投資と収蔵戦々恐々、一瀉千裏、相対的に温和で穏健の多くは、基本的にそれが一定の国際相場、価格はきわめて透明で、勝手にいい呼び値をしないで、シングルでは予測できないの事件の影響で元手無帰、少なくとも手表のk、ダイヤモンドやその付加価値。波で世界的な金融荒れ狂う嵐の下で検証できる時計よりその他の産業はまだより試練に耐え得る、株は殘り3割価値が従う投資と収蔵の原則に対して買うブランドと表項、時計の多くも8割の相場。


でも普段は決して多く宿題をやって、多く聞いて、よく見ると正確な判断は必須のアクション、特にネットワーク及び競売場の価格をその中に、中古表もとても良い投資方向、パテックフィリップの生産停止に表の5059と左手版のPVDPaneraiは潜在的な株式市場は、もう少し時間が経ったらきっと価格さらに上へ上がり。


それ以外に、いくつかのブランドのために業績を昇格させ、わざと初期少量の商品の供給源を提供して、市場価格の上昇が真空、じっとしていて、大量に放出するならば慎买高値でないかもしれないと損底固めされ、その生産の復雑さから、革新の程度やブランドの知名度など、垣間見るこの表の市場の強度と靭性、少なくともは地雷を踏んで、投げ売り。ただ把握時計投資と収蔵の8項目の原則、そして条件をより良い、手当たり次第撚り表ことも出来て、自分の手の中に、時計はそんなにの楽しみをもたらすことと富。