« 上一篇下一篇 »

アントニオ・カルス就任索風グループCEO

 いち月2015年じゅうに日、カイエンヌグループ(Antonioアントニオ・カルスを任命したと発表しCalce)さんを索風グループ(Sowindグループ)CEO。この任命はただちに発効する。彼はにカイエンヌ集団「ぜいたく品—腕時計やジュエリー」部のCEO阿博特・本索さん(Albert Bensoussan)さんに仕事の報告をする。
アントニオ・カルスさんを担当索風グループ傘下GP芝柏表(Girard-Perregaux)和尚VISA(JEANRICHARD)のブランド管理及び製造業務。
カイエンヌ集団「ぜいたく品—腕時計やジュエリー」部のCEO阿博特・本索さんさんは「私は非常に喜んで歓迎加入開云旗アントニオ下の索風グループ。彼は高級時計と贅沢な腕時計分野の豊富な経験を持ち、業界と商業リスクの深刻な認知によって、彼を支持するブランドが国際市場で発展するのを支持する。」


アントニオ・カルスについて(Antonio Calce)
アントニオ・カルス係イタリア人を所有し、マイクロ技術と管理学が専門の学位。彼は1994年務め(Richemontリシュモングループ傘下の贅沢な時計)とジュエリーブランド伯爵(Piaget)タブ工場の技術部門の担当者が、後から製品の管理について。2001年、彼は就任する高級腕時計ブランドオフィチーネ・パネライ(Panerai)運営と制品開発部ディレクター。2005年に任命され、アントニオコルム(Montres Corum)運営副総裁と最高経営責任者。
風について索グループ(Sowindグループ)
索風はスイスグループを紹徳封(ラChaux de Fonds)にて高級時計の製造、傘下には2ブランド――GP芝柏表(Girard-Perregaux)和尚VISA(JEANRICHARD)。は、ブランドとしては、3つの開発を製造するために、ハイエンドのムーブメントと機械の腕時計製品を製造するために。索風グループに従属してカイエンヌグループ(Kering)。